聖セシリア女子短期大学

学科案内実習

段階を踏んで経験が積み上げられる独自の学外実習

実習の特徴

  1. 1日、1週間、10日間、3週間と段階を積んで経験が積み上げられるシステム
  2. 実習先は学校が手配。実習中も専任スタッフがフルサポート
1年次
  • 1日
    6月
    保育施設一日実習(保育所)

    教員同行のもと10人前後のグループで見学実習します。保育所の役割や子どもへの理解を深めることが中心です。

    イメージ
  • 1週間
    9月
    9月保育教材発表会

    1年生が手作りの保育教材を発表。2年生にアドバイスをもらい、改善します。

    教育実習(幼稚園)

    幼稚園での生活の流れを理解します。2年次での教育実習に向け自らの課題を見出します。

  • 1日
    10月
    福祉施設見学(保育所以外の福祉施設)

    1月に行われる保育実習Ⅰ(保育所以外の福祉施設)の準備学習の一環として、福祉施設を見学します。

  • 10日程度
    1月
    保育実習Ⅰ(保育所以外の福祉施設)

    入所者の方々と生活を共にし、施設や施設保育士の役割・仕事内容を理解します。

  • 10日程度
    2月
    保育実習Ⅰ(保育所)

    保育現場を通して子どもの発達を知り、保護者支援なども含めた保育所での保育の特徴や仕事の流れを理解します。

    イメージ
2年次
  • 3週間
    6月
    教育実習(幼稚園)

    1年次の実習体験を活かして事前に指導案を作成し、担任保育者として子どもの前に立ち実践を行います。

    イメージ
  • 10日
    9月
    保育実習Ⅱ(保育所)、保育実習Ⅲ(保育所以外の福祉施設)

    保育実習Ⅱ、Ⅲのいずれかを選択。今までの実習体験や学内での学びを活かし更なるステップアップを目指します。

    9月保育教材発表会
    イメージ
    9月保育教材発表会

    夏期休暇中に作った保育教材を発表。実習での実演に向けた練習の場となります。2年生はアドバイザーとして参加。子どもの立場になって演じ方や言葉遣いなどの助言を行います。

    イメージ

専門的なことはもちろん、不安や悩みにも応える実習サポート

実習前

実習先は学生の希望を聞きながら学校が手配しますので、自分で探す必要はありません。

実習中

専任スタッフがフルサポート。実習中に困ったことがあった時は電話して相談することもできます。

実習後

実習後には担当教員と専任スタッフが連携し、学生に応じた適切な指導やアドバイスが行われます。

イメージ

私たち専任スタッフが全力でサポートします!

保育方法論モニカ保育園

イメージ

演習→振り返り→発表会の実践と理論のサイクルで学ぶ

併設園であるモニカ保育園で毎週1回行います。子どもの「生活」と「遊び」の場面に参加して保育現場を知るとともに、演習後の振り返り授業と発表会を行い実践と理論のサイクルで学びます。

イメージ
Interview
実習前の思い

初めての保育園実習では少し緊張しましたが、授業で保育園の子どもたちといつも一緒に遊んでいたので、落ち着いて取り組むことができました。

実習後の思い

9月の幼稚園での実習では、夏休みに手作りした絵本を子どもたちに読み聞かせたり、子どもたちと一緒に鬼ごっこやおままごとをしたり、仲良くすごすことができ、自信になりました。

1年 Sさん
(神奈川県立白山高等学校)

授業の流れ[前期]

  • 演習前の授業
    保育における遊びや環境について学び、演習場所の見学と環境図の作成などを行います。
  • 演習1・2・3・4
    保育室での朝の会に参加した後、園庭やグラウンドなどで、子どもと1時間以上自由に遊びます。
  • 演習の一日
    9:00
    集合→保育園へ移動
    9:30
    演習スタート 
    学生一人が園児(1〜数人)と遊ぶ
    11:00
    演習終了
    11:10
    自分が遊んだ子どもの様子を振り返り、記録シートに記入
    11:30
    学生同士で話し合い、発表し合う学生たちの記録シートを貼った「遊びマップ」を作成
    12:10
    授業終了
  • 演習後の授業
    グループごとに記録シートと遊びマップの検討を行い、発表会の準備を行います。
  • 前期発表会
    グループごとに遊びマップを使って、担当演習場所の特徴的な子どもの様子を発表します。
後期も同様の流れ
子どもと自由に遊ぶ演習と振り返り、発表会を行います。

保育・教職実践演習(幼稚園)聖セシリア幼稚園/聖セシリア喜多見幼稚園

イメージ

幼稚園の行事の準備や運営を通して現場で役立つ実践力を磨く

幼稚園行事へ参加するため、子どもたちが仲良く安全に楽しめる遊びを学生自ら考え仲間と協力して準備をします。演習後には反省会を行い、幼稚園教論の話を聞く機会を設け、保育現場への理解を深めます。

イメージ
Interview
実習前の思い

1年の時に保育園・幼稚園・福祉施設での実習を体験し、それぞれに魅力を感じ、就職先を考えながら実習に臨みました。

実習後の思い

幼稚園では、子どもと3週間いろいろな遊びを楽しみ、子ども一人ひとりの個性や成長を実感できました。保育・教職実践演習で幼稚園の子どもたちと楽しくすごせたことも自信になり、幼稚園への就職を決めました。

2年 Hさん
(私立相洋高等学校)

授業の流れ[前期]

  • 演習前の授業[企画]
    自分がなりたい保育者像を念頭に置きながら、グループごとに演習計画を作成します。
  • 演習前の授業[制作]
    造形の授業など、日頃の学びで培った技術を活かして活動に使う遊具などを手作りします。
  • 演習前の授業[リハーサル]
    グループごとに活動内容の発表を行い、先生やクラスメートと意見交換をします。
  • 演習前の授業[課題発見]
    幼稚園教諭のアドバイスを聞きリハーサルでの意見を踏まえて活動内容の修正をします。
  • 演習当日
    準備した活動を子どもたちに披露し一緒に遊びます。当日の運営は全て学生が行います。
  • 演習後の授業[反省・評価]
    クラスでの反省会を踏まえて自身を振り返り、演習での学びをレポートにまとめます。